黒木メイサが“処女喪失”と“剃毛ヌード”「ふたりの女」のエロの衝撃

 (29)の実像は2児の子を持つ肉食系人妻というのが自然のイメージだが、なぜかブレザーにミニスカート、紺ハイソックスの制服姿で登場したからビックリした。種を明かせば、土曜ナイトドラマ『オトナ高校』(テレビ朝日)の制作発表会見に出席した時の服装だ。黒木が演じるのは、キャリアウーマンで上司と不倫しているが32歳処女、という役どころ。

「同学年・同事務所でライバルだった堀北真希とは“ヤル気”が全然違いますね」(芸能関係者)

10月14日スタートの連ドラ『オトナ高校』(テレビ朝日系・土曜23時5分~)に出演する黒木メイサ(29)。
「主演は三浦春馬で、なんと童貞エリート役。オトナ高校とは、異性とのSEXの経験がない30歳以上の男女が入学する高校で、童貞と処女を“卒業”したら学校を卒業できるというブッ飛んだ設定のドラマです」(テレビ朝日関係者)

その三浦に思いを寄せる“三十路処女”の女生徒役に黒木が起用されたのだ。
「オファーがあった時、黒木は“えっ、なんで私が!?”と首をひねったそうです」(芸能ライター)

そりゃそうだ。
“目で男を殺す女優”と言われている黒木は、『嵐』の二宮和也や玉木宏、中村獅童らと浮名を流したあとの’12年2月、赤西仁と、“デキちゃった婚”。
「赤西と結婚後も、映画で共演した小栗旬との“W不倫”が取り沙汰されるなど、常に男の噂が絶えないイイ女。本人が戸惑ったのも、よく分かります。それでも今は、“制服を着た時の周囲の反応が楽しみ”とノリノリのようです。ブレザーではなく、セーラー服だと、一段と盛り上がるんですけどね」(芸能レポーター)

それでも地上波とはいえ、深夜帯。かつては“お色気マン載”だった『特命係長 只野仁』が放送された枠でもあるだけに、股間は膨らむ一方だ。
「ドラマの内容からいって、彼女の“処女喪失シーン”は必至。本人もヤル気満々のようです」(芸能記者)

さらに、ドラマスタート前に早くも話題騒然となっているのが、9月29日に発売された写真集『INCARNATION』(東京ニュース通信社)だ。
「訳すと“化身”というような意味のようですが、これはすごくエロい。なんぼでも“ヌケ”ます。とても二児の母のバディとは思えませんね」(ワイドショー芸能デスク)

撮影はタイで行われた。
「必要最小限の部分しか隠していない黒の水着写真があるのですが、“ヘア”が見えてはいけないからと“剃毛”してカメラの前に立ったそうです。芸名の通り、彼女は部分部分に生える毛の量が黒々としていて多く、普段から、股間のお手入れは欠かさないそうです」(芸能関係者)

ドラマの役どころの“処女喪失シーン”、撮影済みの“剃毛ヌード”「ふたりの女」のどちらも見たい!