金子理江、待望の初写真集で透けランジェリー姿!過激な表紙カットでファンの期待高まる!!

 アイドルユニット「」(通称LADYBABY)のメンバーでグラビアでも活躍する(19)が、10月18日にファースト写真集『Let me do Whatever I want』(双葉社)をリリースする。その表紙カットが解禁され、透け素材ランジェリーをまとった過激な露出にファンの期待が高まっている。

 同作は男子向け目線の「Let me do」と、女子向け目線の「Whatever I want」で構成された異例の“両A面”写真集。双方の目線で「かわいくて、かっこよくて、SEXYな金子理江」が楽しめる作品になるという。

 公開された表紙カットは男子向けの「Let me do」のジャケットとなっており、口元に指をあてたセクシーな表情で服をまくり上げ、ドキドキしてしまうような透け素材のランジェリー姿で大胆に肢体を露出している。

 これにネット上では「金子理江ちゃんの写真集、エロそう!」「楽しみすぎる」「裏表紙にも期待」などとファンの期待が盛り上がっており、早くもヒットの気配を漂わせている。

 写真集に女子向けパートがあると「オシャレすぎるのはちょっと…」という男性も少なくないが、金子は9月末に自身のInstagramで女子向け目線の「Whatever I want」からの先行カットを公開。ランジェリー風の露出度の高い衣装で机の上に足を乗せながら太ももとヒップを露出したショットとなっており、女子ウケしそうなオシャレテイストながらもセクシー度は十分。男性ファンにとっても、一冊丸ごと楽しめる内容になっていることをうかがわせている。

「抜群のプロポーションとキュートなロリ顔のギャップで男性ファンのハートをつかみ、男性誌グラビアで引っ張りだこ状態。その一方、アイドルユニットでの活動や10代女子らしい苦悩をSNSで包み隠さず吐露する姿勢が同世代の女の子たちに支持され、男女双方から愛される存在になっています。そういう意味では、男性向けと女性向けのパートに分けた今作はベストの構成なのかもしれませんね」(アイドルライター)

金子はアイドルオーディション『ミスiD2015』のグランプリを獲得したことをきっかけに注目度が高まり、同オーディションで受賞した黒宮れい(16)と女装パフォーマーのレディビアード(年齢非公表)とともにアイドルユニット「LADYBABY」を結成。デビュー曲「ニッポン饅頭」がYouTubeで爆発的な再生回数を記録するなど大反響を巻き起こした。

金子はアイドル活動と並行してグラビアに挑戦し、男性ファンからの注目度が急上昇。昨年4月に「LADYBABY」が活動休止になるという事態に見舞われたが、充電期間を経て黒宮とのダブルセンターによる2人組ユニットとして再始動。今年9月にサードシングル「Pinky! Pinky!」をリリースし、11月からは全国ツアーがスタートするなど人気が急上昇している。

再始動した「LADYBABY」の躍進とともに、今回の写真集で金子の“わがままボディ”が全開となれば、さらに注目度が高まりそうな気配。どのような作品に仕上がっているのか楽しみにしながらリリースを待ちたい。

http://www.menscyzo.com/2017/10/post_15084.html