美人すぎるタクシードライバー生田佳那、金魚ブラが衝撃的

プロのタクシードライバーとして乗務しながらモデルとしても活躍し、“美人すぎるタクシードライバー”として注目を集めている生田佳那が、25日に自身初となる写真集「いくTabi」(ワニブックス)を発売する。

写真集「いくTabi」(ワニブックス)/
同書で生田は、数々の大胆ショットを披露。表紙での手ブラショットはもちろん、特に金魚鉢でカラダを隠した“金魚ブラ”は、これまでのグラビア写真にはなかった、新しい風を感じるショットとなっている。

写真集「いくTabi」(ワニブックス)/生田佳那
なお生田は、28日に東京・福家書店新宿サブナード店にて握手会イベントを開催する。(modelpress編集部)

生田佳那(いくた・かな)

タクシードライバー姿の生田佳那
生年月日:1991年12月18日
血液型:B型
出身地:長野県安曇野市
身長:150cm
スリーサイズ:B81・W56・H80
特技:自動車の運転・動物をあやす(実家が獣医)
資格:ハイヒール検定1級

約2年前より女性ファッション誌『mina』のモデルユニット“minaメイツ”として現在も活動。『Voce』『ELO』への出演やサロンモデルとしても活躍している。しかしモデル活動の収入の不安定さから、新たな活動のフィールドを模索。そんな中、タクシードライバーとして活動しながらタレントとしての活動も支援する「飛鳥交通ドリームプロジェクト 」(主催:飛鳥交通)を見つけ、応募した。同オーディションでグランプリを獲得し、猛勉強の末、タクシードライバーとして必須の普通自動車第二種運転免許に挑戦、合格率2割と言われる試験に即合格すると、その後に実施されたタクシーセンターでの講習、地理試験(交差点、有名施設、区名、住所、首都高の出入り口、最短距離を把握する試験) も合格し、タクシードライバーとしてのライセンスを獲得した。現在、乗務歴約1年半となる。

https://mdpr.jp/news/detail/1723349