紗倉まな / 男がそそられる理想的スケベなカラダ

紗倉まなさんの文芸誌デビュー作「春、死なん」
 お笑い芸人、又吉直樹さんの芥川賞受賞から3年余り。異ジャンルで活躍する才能が文学の世界に進出する動きは続いている。文芸誌「群像」(講談社)10月号に掲載された、セクシー女優、紗倉(さくら)まなさん(25)による小説「春、死なん」もそのひとつ。作品から読み取れる文学性、そして作家としての可能性は? 400字詰め原稿用紙換算で120枚にのぼる文芸誌デビュー作を読み、考えた。

/ 男がそそられる理想的スケベなカラダ

01

02

03

04

05

06

07

08

09

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20