稲森美優、ミニスカートの日にパンチラ寸前の制服ショット!

inamori-miyuu-01

 10月18日は「ミニスカートの日」ということで、Twitterにはさまざまな美女のミニスカ姿が続々とアップされた。

 SNSを積極的に活用するグラドルたちも、当然ながら刺激的なミニスカショットを次々に公開。たとえば、「尻職人」こと倉持由香(26)は「ミニスカートの日らしいので」とツイートしながら、超タイトなミニスカートをはいてお尻を突き出しているバックショットやJK姿のパンチラショットなど、キワどい画像をアップしてくれた。

 また、「合法ロリ巨乳」として人気の長澤茉里奈(23)は、「基本的にパンツ見えそうな女」と相変わらずロリ感満載のミニスカ姿を公開。「ひなけつ」と呼ばれる美巨尻で人気の朝比奈祐未(26)は、「おしりが大きい朝比奈先生」とピッチピチのスーツに身を包んだ女教師に扮して見事なお尻を見せつけた。

 このほか、片瀬美月(21)や柚月彩那(25)といったグラドルらも、美脚を見せつけるミニスカ姿をアップ。そんな中、「競泳水着グラビア」で注目を集める稲森美優(29)が、超ミニスカタイプのセーラー服を身につけた姿を次々に披露し、その完璧なスタイルと絶妙なアングルのパンチラ寸前姿に興奮の声が上がっている。

 先日、稲森は制服美少女グラビア雑誌「Cream」の撮影に臨んだ際のオフショットをTwitterに投下。見事な美脚が目を引くミニスカ制服姿を披露し、フォロワーたちから絶賛されまくった。そのときの画像を「#ミニスカートの日」というタグをつけてリツイートしており、、今回改めて注目を集めることになったようだ。

inamori-miyuu-02

inamori-miyuu-03

inamori-miyuu-04

inamori-miyuu-05

inamori-miyuu-06

inamori-miyuu-07