池田エライザ、過激シーン話題のドラマへ思い明かす

モデルで女優の池田エライザが、自身のブログで出演中のドラマ『ぼくは麻理のなか』(毎週月曜深夜24時25分)について思いを綴った。

同作は友達がひとりもいない大学生の青年・小森功(吉沢)が、ある朝、目を覚ますと行きつけのコンビニでよく遭遇し、尾行していた女子高生・吉崎麻理(池田)のなかに“入ってしまっていた”というストーリー。

キャミソールにショートパンツといった露出が多い部屋着姿の“麻理のなかの功”は、大きなバストを掴んで驚く。その後も初めて女子の排泄行為を体験し絶叫するなど、“入れ替わり”あるあるシーンを生々しく描いていった第1話。池田が演じるクラスの人気者の女子高生・麻理役は持ち前のルックスと抜群のスタイルが活き、なんともエロティック。かつ“麻理のなかの功”状態では、挙動不審な喋り方で功になりきり。過激なシーンが多い原作を忠実に再現し、初回放送後には多くの反響が寄せられた。

「とても刺激的な作品です」

初の連続ドラマ主演となる池田は16日のブログにて「この作品は今年の、まだ寒く、分厚い雲に覆われた季節にとてもタイトな期間で撮影しました」と明かし、「僕たちの本当の居場所はどこだろうこれからどう生きていくつもり?ぼくはぼくだ!考えさせられるフレーズを3人がたくさん吐いていくのでとても刺激的な作品です」と紹介。「学生時代から原作者の押見さんの漫画を読み続けていた私にとってとても大切な作品でもあります」と原作者のファンだったそうで「楽しんでいただければいいなあ」と思いを伝えた。