橋本環奈が映画『斉木楠雄のΨ難』で見せたコメディエンヌとしての才能がかなりのもの!!

 一枚の写真がネットでたちまち話題となり、「千年に一度の美少女」として一躍スターとなった橋本環奈さん(18)。元は地方のアイドルだった彼女ですが、今ではすっかり女優に。今年だけでも映画『銀魂』やドラマ『警視庁いきもの係』(フジテレビ系)でヒロインを演じている売れっ子女優です。

 そんな橋本さんが出演するコメディ映画『斉木楠雄のΨ難』が10月21日から公開されました。橋本さんは、学園のマドンナ・照橋心美を演じています。天下無敵の美少女で、多くの男性を虜にしている(メロメロにさせるあまり、「おっふ」と言わせる)、というキャラは、橋本さんにぴったり。映画でも多くの男性を「おっふ」させていました。

 橋本さんが“可愛い”というのは周知の事実ですが、『斉木楠雄のΨ難』では“笑い”の才能も見せています。福田雄一監督も「コメディエンヌぶりを超えた何かがある」と彼女を大絶賛するほどです。

美少女の変顔はインパクト強し

 橋本さんが演じる照橋心美は、自分が超可愛いのを分かっていて、自分にメロメロな男子生徒を思い通りに動かすことに快感を覚えているキャラで超腹黒です。でも主演の山崎賢人さん(23)演じる斉木楠雄は超能力で他人の思考が読めてしまうため、腹黒な照橋には「おっふ」しない。斉木をどうしても「おっふ」させたい照橋さんは斉木にアプローチを繰り返します。

 表の顔を演じるときは「これでもか!」とブリブリ。一方、裏の顔を演じるときは、その顔からどうやって創造したのか分からない変顔のオンパレード。口を大きく開けたまま白目になったり、ゲスすぎなしたり顔をしたり。その表情は原作を超えすぎています。橋本さんは7月に公開された映画『銀魂』でも鼻くそをほじったり、ゲロを吐いたりしていましたが、『斉木楠雄のΨ難』での演技は、それを超越していたようにも感じます。

橋本環奈のTwitterより

橋本環奈のTwitterより

 橋本さんの何よりの魅力は、絶対的な美少女なのに、振り切った演技や変顔が出来てしまうというところ。本人も「(照橋心美は)相当すごい役、普通の女の子ではない」と語り、カットがかかった後にスタッフや監督が自分の演技で笑ってくれることがうれしいと話していました。橋本さん自身も振り切ることを楽しんでいます。『銀魂』、そして『斉木楠雄のΨ難』を経て、「可愛いだけじゃく、笑いも取れる」女優へと進化しているのではないでしょうか。

 先日、「橋本環奈の女優としての懸念材料は、低身長であること」と案じるネット記事がありました。たしかに、橋本環奈さんの身長は152cmと小さめ。『斉木楠雄のΨ難』では、10cm程ありそうな厚底のヒールが付いた上履きを履いていました。その記事では、身長が低いとオファーされる役の範囲が狭まってしまう、とありましたが、ここまで捨て身になって笑いを取れる“美少女な女優”は逆にいないのでは。今後の活躍が楽しみな女優さんです。

http://mess-y.com/archives/55491