来栖りん、圧倒的な美少女感が話題に!『制コレ』グランプリ

 「週刊ヤングジャンプ」(集英社)が主催するオーディション企画『制コレ』が約10年ぶりに復活し、そのグランプリに高校3年生でアイドルグループ「」のメンバーの来栖りん(17)が選ばれた。発売中の同誌で水着グラビアを披露しており、超正統派美少女である彼女のルックスに絶賛の声が殺到。SNSで公開されたオフショットも好評を博し、彗星のごとく現れたシンデレラガールに熱視線が注がれている。

 『制コレ』は1992年に『全国女子高生制服コレクション』としてスタートし、2001年から『制コレ』に名称を変更。沢尻エリカ(32)、紗栄子(31)、戸田恵梨香(30)、篠崎愛(26)ら数々の逸材を輩出し、美少女タレントの登竜門として知られた名門オーディションだ。

 今回は『制コレ18』として約10年ぶりに本格的な復活を果たし、アイドルグループのメンバーや現役モデル、大手事務所の新人女優など粒ぞろいの美少女たちが参加。ファン投票などを経て激戦を勝ち抜きグランプリを受賞したのは「正統派美少女の最新型」がキャッチコピーの来栖だった。

 来栖は「ニジマス」の愛称で知られるアイドルグループ「26時のマスカレイド」の最年少メンバー。すでにアイドルファンの間で「超美少女」として話題だったが、今回のグランプリ獲得によって知名度がぐんと高まり、グループのファン以外からも大注目されている。

 受賞発表後、来栖は自身のTwitterで「この度、本日発売のヤングジャンプさんの企画 #制コレ18 のグランプリを受賞させて頂く事ができました! 応援してくださった皆様、企画でお世話になった関係者の皆様本当に有難うございました! 精一杯全力で頑張りますのでこれからも応援宜しくお願い致します!」とファンに報告。それと同時に、水着姿や制服姿などのグラビアショットを公開した。

 綺麗なロングヘアとパッチリした大きな瞳が印象的な来栖。フレッシュな水着姿はもちろんのこと、制服姿が非常に似合っていて可愛らしい。まさに『制コレ』グランプリにふさわしい逸材といえそうだ。