岩本和子「夏のいけない淑女のおアソビ」

“大人グラビアアイドル”と称して活動する岩本和子(いわもと・かずこ/42)が、「夏のいけない淑女のおアソビ」をテーマにした画像を自身のInstagramとTwitterにアップ。淫らな表情と夏の風物詩といえる扇風機を使った演出で、アダルトな色気をアピールした。

36歳までOLとして過ごし、2012年に開催された『第3回国民的美魔女コンテスト』でファイナリストに選出されたことをきっかけに美に目覚めたという岩本。39歳の時にスマートフォンで自撮りしたイメージDVDで、日本最年長グラビアアイドルデビューを果たしている。

今回、SNS上にアップしたのは、“岩本和子の1人変態プレイをこっそり垣間みたい方”に向けて開設しているファンクラブサイト『秘密の私。』からのカット。岩本が投稿したのは、赤い壁に囲まれた床框にM字開脚で座り、股間部に両手を添えた画像で、「何も見えてないのにエロい写真」というメッセージが書き込まれている。

確かに彼女とカメラの間にON状態の扇風機が置かれているため局部は見えないが、白いワンピースドレスの裾はめくれ上がり美脚は露わ。下半身が見えそうで見えない絶妙なギリギリ感や恍惚とした表情が、エロ妄想を刺激するショットだ。