奇習! 素っ裸の人妻が童貞の股間を「シュシュシュ~のピュー!」 北関東の伝統的“逆夜這い”の風習とは?

奇習! 素っ裸の人妻が童貞の股間を「シュシュシュ~のピュー!」 北関東の伝統的“逆夜這い”の風習とは?画像1

一般に“夜這い”と聞くと、多くの人は男性側が女性側に対して“夜這う”行為を思い浮かべると思うが、その実、世の中にはその“逆”も存在しているようだ。

「普通は男が女を夜這うっていう印象が強いと思うんだけれども、なにせこのあたりは昔から女が強い土地柄でね。そういうこともあるせいか、ここいらじゃ女が男を“喰う”んだよ(苦笑)」

かつて北関東のとある地域に存在していたとされる“”の習慣についてそう証言するのは、同地域で生まれ育ったという新井三郎さん(仮名・78)。新井さんの話によると、古くから“かかあ天下”の土地柄であると言われる当地においては、夜な夜な各家の人妻たちが、若い男性を求めて“夜這う”習慣が定着していたという。

「夜這いって言ったって、参加できるのは独身の男と、亭主持ちの女房って決まっていてね。各家の嫁さんたちは、それこそムラムラっときたら、いつでも他所の家へ出かけていって、若い男を喰っていいことになってたんだよ。だからあのあたりじゃ、どの男たちも、そういうスキモノの人妻相手にね、筆おろしをしたもんだよ」

そもそも女性側が男性側を“夜這う”という時点で、全国的に見れば非常に珍しいケースではあるが、それがさらに夫や子どものいる人妻となると、極めて稀。しかも、そのお相手が童貞青年を中心とした“若いツバメ”とくれば、それこそ当世の熟女AVさながらの内容だ。

奇習! 素っ裸の人妻が童貞の股間を「シュシュシュ~のピュー!」 北関東の伝統的“逆夜這い”の風習とは?画像2

「私なんかもね、あれは15、6の頃だったかな。夜ふけにふと人の気配に気づいてね。それでもって眠い目をこすってみたら、二軒隣の若奥さんがすっ裸で座ってる。それで、なんのことやらわからないうちにオロオロしてるとね、その奥さん、“大丈夫、大丈夫”みたいに言って、私のナニをいじくりはじめる。私はね、もちろん初めてだったものだから、頭の中が真っ白になったんだけれども、それこそね、“シュシュシュ~のピュー!”ってなもんで、あっと言うまに気づけば昇天ですよ(苦笑)。それからというものね、ときどき、その奥さん以外にもよその人が訪ねてきてはそういうことをしてくれたものだけれどもね、あれは今思い返しても、良い経験だったねえ」

思春期の少年らしい初恋の延長線上に、“そうした行為”があるならばいざ知らず、ある日突然、隣家の若妻によって初体験をすることとなってしまったという新井さん。その衝撃的な体験は彼の脳裏に焼きついて離れず「今でもあの薄明かりの中で見たあの奥さんの乳を思い出す」(新井さん)とのことだが、いずれにしかり、いわゆる“ヤラミソ”の状態で悶々とした日々を過ごす世の童貞男性にとっては、なんとも羨ましいことこの上ない話と言えそうだ。