スロー映像でド迫力のJカップに酔いしれろ! 結城ちか、最新イメージDVDで“暴れ乳”

元ミニスカポリスの結城ちか(19)ちゃんが、8枚目となるイメージDVD『ちか好いちゃった』(QH映像)をリリース。東京・秋葉原のソフマップアミューズメント館で、発売記念イベントを行いました。

 身長154cm、スリーサイズは上からB100・W60・H90(cm)の迫力ボディを包むサーモンピンクの水着は、尊敬する板野友美ちゃんが写真集で着用していたものと同じなんだとか。わざわざ探し出して購入したというから、久しぶりのDVD発売イベントに気合いも十分のようです。

 さらに、この日のためにわざわざライザップに入会し、8kg痩せたというちかちゃん。全身を健康的に絞りつつも胸だけは残ったため、結果的にバストはJカップにサイズアップし、見れば見るほど迫力の“暴れ乳”に! そんな抜群のスタイルを誇るちかちゃんに、1月に都内で撮影されたという本作について聞いてみました!

――パッケージに「Jカップ暴れ乳が大揺れ」とありますが(笑)。

「今回は、とにかく“揺れ”がテーマです! スロー映像を多用していて、人によっては観ていて酔っちゃうかもしれません(笑)。いろんなシチュエーションで胸を揺らしているんですが、生まれて初めて洗濯板でお洗濯して、びっくりしました(笑)。うどんも打ちましたよ(笑)。流行のDT(童貞)殺しセーターも、初めて着ました!」

――そこまで揺らすと、予期せぬハプニングもあったのでは?

「ポロリがあると撮影が止まってしまうので、すごく気をつけてたつもりなんですが、撮影データを見せてもらったら、出まくっていましたねぇ(笑)。最後に撮影したベッドでゴロゴロするシーンは、眠くて集中力が散漫になっていたのか、黄色のチューブトップから、ポロポロしまくっていました(笑)」

――まぁ、胸のサイズがサイズですから、ポロリもしまくるでしょうね(笑)。ほかに、撮影中、印象に残っていることは?

「外撮りの私服は、実は自前だったんですが、通行人に見られるのがすごく恥ずかしかったです。あと、衣装合わせが当日だったので、ブラのサイズが合わず、後ろを開けっぱなしにしているシーンがいくつかあります。自分では恥ずかしかった(笑)。スクール水着というか、なぜか競泳水着もいまだに恥ずかしいです。なにか記憶にないトラウマがあるのかも(笑)」

これまで“巨乳合法ロリ”的な人気が高かったちかちゃんですが、11月に20歳になるということで、これからは大人の魅力を出していきたいとのこと。すでに念願の写真集の発売も決まっており、今年は飛躍の年になること間違いなし! 密かに気合いが入るちかちゃんの活動から目が離せませんよ!!


◆オフィシャルブログ 「ちいちゃんねる」
◆Twitter @yuuki_chika

http://www.menscyzo.com/2017/07/post_14590.html